着物などをお持ちの方用に取り扱いのご注意

着物をお持ちの方用に取り扱いのご注意

着物をお持ちの方用に取り扱いのご注意です。

 

 

着物・草履・バッグの汚れについて

 

〇まず、着物の一番汚れやすい場所は「衿・袖口・裾」です。

 

・汚れの対処法といたしましては、下に手ぬぐいのような平らな生地のもを敷いて(タオルはダメ)その上で脱脂綿にベンジンを含ませて、叩くか軽くなでる。絶対にゴシゴシ拭かないでください。色が落ちてしまします。それでも汚れが落ちない場合は、シミ抜き屋さんにお願いしてもらった方がよいです。

 

〇着物を洗う際は?

 

・和装専門のシミ抜き屋さんにお願いしてください。

 

自分で着物は絶対に洗わないでください。(今は自分で洗える着物がありますがそれは別です。)ただし、浴衣は木綿で出来ているので自分で手洗いでなら洗えます。

 

〇草履の手入れは?

 

・ある程度綺麗にゴミをとってから水で濡らしたタオル・布などをかたく絞り、全体的に拭いて1日〜2日程逆さにして干しておきます。

 

〇バッグの手入れは?

 

・ベンジンで拭いて中が型崩れしないように丸めた紙を入れておくとよいです。

 

 

着物のシワについて

 

〇アイロンのかけ方は?

 

・アイロン台の上に着物の生地の裏側を表にして置き、手ぬぐいのような平らな生地のものを当て布にしてシワの上に当て、その手ぬぐいの上に霧吹き軽く噴きかけ、中くらいの温度でアイロンをかけます。なお、高温でアイロンをかけると生地がテカってしまいますので注意が必要です。

 

 

着物の保存方法について

 

 

〇着物を着終わったら?

 

・まず湿気をとるために、日の当たらない場所に1日程干します。日が長時間着物に当たると日焼けの原因になります。
そして、タンスなどにしまう際は防湿剤も一緒に入れて着物を保管してください。

 

〇袴の保管は?

 

・男袴は虫食いが無いので、タンスなどにしまう際は防湿剤で大丈夫です。女袴は基本的に毛で出来ている物が多いため、保存の際は防虫剤が必要です。なお、女袴はやわらかくたたみづらいので、棒やものさしを利用するときれいにたためます。

 

〇長襦袢の保管は?

 

・モスリンの長襦袢は材質が毛なので、虫がつきやすいので保管の際は防虫剤を入れてください。

 

・絹と化学繊維の長襦袢は虫は食いませんが防湿剤は必要です。

 

正絹の長襦袢は時間がたつにつれて少しづつ黄ばんでいきます。(化学繊維は黄ばみません。)

着物などをお持ちの方用に取り扱いのご注意関連ページ

結婚式に着る着物
結婚式に着る着物についてのご説明しています。。
披露宴に着る着物は?
披露宴に着る着物は何なのかについてのご説明です。