着物の素材の歴史

着物の素材の歴史の話

今回は、着物の素材の歴史の話です。

 

着物の素材は現代では安価で扱いやすい化学繊維や、一旦下火になっていた木綿の着物も出回るようになり、バラエティー豊かになっています。

 

着物の歴史を見ても、その時代背景によって素材の変化もあったようです。

 

着物の原型は、平安時代にできた小袖と言われています。

 

元々は一般庶民の表着の小袖を貴族階級の人が下着として着るようになります。

 

この時はいわゆるコットンは伝わっていなかったので、上流階級の人は絹で、それ以外のは麻等、草木の繊維を糸にして着る物にしていました。

 

木綿の着物が出回るようになったのは江戸時代になってからです。

 

木綿の種子が日本へ伝来したのは室町時代でした。

 

しかし、伝来した種子は元々熱帯・亜熱帯に適したもだったので、すぐには広まりませんでした。

 

15〜16世紀頃、木綿を貴族社会では扱われていましたが、輸入に頼った高級品でした。

 

しかし、16世紀頃から大阪や名古屋周辺の地域で徐々に木綿の栽培が実現されていき、安価で手にはいる物に変わっていきました。

 

そんな中江戸時代、身分によって絹の着物の着用を制限する事が始まりました。

 

そういった事情が手伝い、絹の着物は身分の高い一部の人が着て、それ以外の人々は木綿の着物が主流になっていきました。

 

明治時代になると、政府の産業を発展させるための一環として、絹の製糸工場が建設されるようになり、糸は大量生産されました。

 

そのため、糸はそれほど高価なものではなくなりました。

 

そして絹の着物が人気を集めるようになりました。尚、洋服は高価で貸衣装が主流だったので普段は着物や袴でした。

 

このように、着物の素材は歴史背景により様変わりしてきました。

 

現代では、晴れ着や茶道などの趣味に絹の着物を着、普段着として気軽に楽しみたい人には化学繊維や木綿の着物を着るのが主流となっています。

 

基本的には自由ですね。

 

江戸時代までは、身分の高い人は絹を着、それ以外の人は「木綿」・「麻」・「草木」の繊維を糸にしたもので着る物にしていました。

 

ちなみに絹には排毒効果がある事がファッション雑誌で言われているのを考えると、実は理に適ったものを着ていたということなのかもしれません。

 

身分の高い人は庶民よりおいしい物を食べる機会が多く、生活習慣病にかかりやすかったかもしれませんからね(笑)。

 

選択肢の多いこの時代、あなたは何を選びますか?

着物の素材の歴史関連ページ

着物の帯の種類
着物の帯の種類について説明です。
着物ができるきっかけ
着物ができるきっかけのお話しです。
帯の歴史
帯の歴史のお話しです。
家紋の歴史
家紋の歴史のお話しです。
辻が花染め
辻が花染めのお話しです。
鼻緒の履物の歴史
鼻緒の履物の歴史のお話しです。
かんざしの歴史
かんざしの歴史のお話しです。