着物ができるきっかけ

着物ができるきっかけ

今回は「着物ができるきっかけ」のお話をしていきたいと思います。

 

着物ができるきっかけとなったのは、平安時代の遣唐使の廃止でした。

 

それ以前は他国との交流があったため、衣類のデザインが大きく影響を受けていました。

 

鎖国が日本独自のデザインを生んでいく事になったのです。

 

この頃の上流階級の人たちが着ていた表着は、男性は束帯(映画「陰陽師」で着ているもの。アニメでは「おじゃる丸」【笑】)で、女性は唐衣裳装束(からぎぬもしょうぞく)いわゆる十二単衣です。

 

束帯や唐衣裳装束は、袖口の下を縫わない大袖になっていました。

 

その大袖の下に下着として着るようになったのが、この頃の庶民の表着だった小袖です。

 

小袖とは、袖口の下を縫ったため開きが小さくなったもので、これこそが着物の原型となったものでした。

 

鎌倉時代になると、武家が政治の権力をつかむようになり、戦いに向いた衣類の形状へと変化していきました。

 

この頃武家の男性は、直垂(上は大袖に似たもので胸と袖口に紐が付いたデザイン。下には袴)、女性は衣袴(小袖と袴を着た上にもう1枚衣を羽織ったスタイル)を着ていましたが、重ね着していた装束の簡略が進んでいき、小袖が表着となっていきます。

 

室町時代の末期頃には、身八つ口(脇の所に開き)のある小袖が登場しました。

 

桃山時代には、摺箔(原紙を用いて織物の上に糊か膠を置き、上から金箔をこすりつけて模様を作る技法)や縫箔(刺繍や摺箔を併用して模様を作る技法)、絞りなどの細工物の染め織り技が発達し、色や柄が華やかなものが多く出てきました。

 

辻か花染めもこの頃あみだされました。

 

この時代の男性は肩衣袴(時代劇の「遠山の金さん」や「大岡越前」の罪人を裁くシーンで着てたあれです)、女性は打掛姿(冬の着方。小袖の上に打掛を羽織る)、腰巻姿(夏の着方。小袖を着、腰に打掛巻く)が主流でした。

 

江戸時代になると庶民が経済的に豊かになり、金糸や明るい色の華やかな小袖が出回りました。

 

現在とほぼ変わらない小袖の完成です。

 

これ以降は現代の着物たちが生まれてきます。

 

小紋は武士が参勤交代で江戸を訪れた際に、どの藩の者かを、見てすぐにわかるように肩衣に藩の紋を入れて染めるようになり、その風習が江戸の町人の間にも広がり生まれました。

 

振袖は江戸後期に女性のおしゃれとして長い袂が流行し、そこから婚礼衣装として登場しました。

 

留袖は花嫁が結婚後、振袖の長い袂を短くし、身八つ口を縫いとめる風習ができ、着物の柄にかかわらずそれを「留袖」と呼ぶようになったのが始まりです。

 

訪問着は、わりと近代に生まれました。

 

大正時代までは総柄模様の派手派手しいものか、裾模様地味なものの2種類しかありませんでした。

 

「気軽にパーティーや観劇などに着たい」という女性の声が多くあったため、日本橋の三越デパートで要望に合う着物として「訪問着」の名で初めて発売されました。

 

それがヒットし、他のデパートでも「社交服」や「プロムナード」(散歩服)、などの名で販売されましたが、その後「訪問着」の名が一般的になりました。

 

附下は、「第二次世界大戦下」で当時、訪問着のような華やか着物を禁止されたため、それよりやや地味なものとして考えられた末に登場しました。

 

このように、着物は時代沿って変化していった末に生まれました。

 

現在でも要望に応えるために「附下・訪問着」といった種類の着物が生み出されたいます。

 

これからどんな変化があるのでしょうか?

 

楽しみなものですね。

着物ができるきっかけ関連ページ

着物の素材の歴史
着物の素材の歴史の話しです。
着物の帯の種類
着物の帯の種類について説明です。
帯の歴史
帯の歴史のお話しです。
家紋の歴史
家紋の歴史のお話しです。
辻が花染め
辻が花染めのお話しです。
鼻緒の履物の歴史
鼻緒の履物の歴史のお話しです。
かんざしの歴史
かんざしの歴史のお話しです。