かんざしの歴史

かんざしの歴史

着物姿の際のヘアースタイルは印象をがらりと変えるポイントですね。

 

ショートへアやボブカットで着物姿というのも現代的な個性を演出できるので素敵ですが、やはり定番は結髪ですね。

 

また結髪1本のかんざしがあるだけで、魅了をワンランクアップすることができます。

 

今回はそんな「簪(かんざし)の歴史」のお話です。

 

「かんざし」の語源の説は2つあります。

 

古代の日本では、先の尖った細い棒には呪力が宿ると信じられていたため、それを髪に挿す事が魔除けになると思われていました。

 

その棒は「髪挿し(かみざし)」とよばれ、そこから「かんざし」に変化した説。

 

もう一つは平安時代、神事や饗宴の時に男女共に花や葉のついた枝を頭に飾る習慣があり、それを「花挿し」と呼んでいたのが「かんざし」に変化していったという説です。

 

字は奈良時代に中国から持ち込まれた櫛の原型である横長の「挽(ひ)き櫛」や、2本足の「釵子(さいし)」という髪留をひっくるめて「簪」と漢語で書かれていて、いつからかこの字の仮名が「かんざし」になったようです。

 

しかし平安時代は遣唐使の廃止があったので服装が日本独自になっていた時なので、それに合わせてそれまで中国のように髷(まげ)を結うのではなく髪を後ろへと流す「垂髪」が主流になり、かんざしや櫛を髪に飾ることはなくなります。

 

その後復活をみせたのは安土桃屋時代、歌舞伎を演じた男装の麗人、出雲の阿国(女性の役者。現在では歌舞伎は男性のみになっているが、始まりは女性による踊り芸能だった。江戸時代に女歌舞伎が禁止される。)が若衆(前髪のある美少年。)を真似して髷を結ったのがきっかけ。

 

女性たちは髪を1本に束ねてポニーテールのように結った「下げ髪」や頭頂部にお団子を作った「唐輪」などの結髪をするようになった。

 

江戸時代に入るとその「唐輪」から変化した「島田髷(文金高島田の元になった。)」や「勝山髷」などの結髪の登場に伴ってかんざしを復活したのでした。

 

江戸初期、京都で花びらを模した「花びら簪」が作られ、それが江戸初期へと渡り、「つまみ簪」が作られます。

 

江戸初期以降、髷が複雑で華やかになっていたことも手伝って、かんざしもより様々なものが作られました。

 

金、銀、象牙、べっこう、馬爪、木などの材料で多くのかんざしが登場し、武家から庶民まで女性にとって必須アイテムとなっていました。

 

1700年代贅沢を抑制する発令が多い中、取り締まりを逃れるためか、耳かきが付いたかんざしが作られました。

 

江戸末期にはかんざしに最盛期を迎え、「玉簪」・「平打簪」・「花簪」・「びらびら簪」が人気となっていました。

 

明治時代に入ると洋装が取り入れられ、それに伴って洋髪へ移行し、かんざしもあまり使われなくなっていきました。

 

現在ではイベント時や仕事柄で着物を着る場合に使われています。

 

それ以外でも、洋装でも合うようなタイプのものも登場していますね。

 

女性はいつの時代もおしゃれアイテムに貪欲です。

 

江戸時代の耳かき付かんざしなんて、校則を掻い潜ってなんとかおしゃれしようとする女子の発想ですね(笑)

 

もうとっくに校則を気にする必要のない年齢ですが、今思うと掻い潜るのが楽しい面もあったので、江戸時代の女性もそうだったのかもしれませんね。

かんざしの歴史関連ページ

着物の素材の歴史
着物の素材の歴史の話しです。
着物の帯の種類
着物の帯の種類について説明です。
着物ができるきっかけ
着物ができるきっかけのお話しです。
帯の歴史
帯の歴史のお話しです。
家紋の歴史
家紋の歴史のお話しです。
辻が花染め
辻が花染めのお話しです。
鼻緒の履物の歴史
鼻緒の履物の歴史のお話しです。