着物のプチ豆知識

着物のプチ豆知識

着物のプチ豆知識について説明しています。

着物のプチ豆知識記事一覧

喪服の色は黒。それが現在の常識ですね。韓国ドラマのヒット作「チャングムの誓い」のお葬式シーンで皆が全身白い衣類になっていて、「へぇ〜、喪服は白なんだ。珍しい〜。」と思っていたら、なんと日本も昔は白だったようなんです!史上では白→黒→白→黒と変化したようで、最初の黒への変化は718年の養老喪葬令というのがきっかけだったようです。ただこれは、勘違いから起きた変化らしいです。養老喪葬令で「天皇は直系二親...

白無垢か純白なのは、ウエディングドレスのように「相手の家の色に染まります」という意味だと一般的には言われていますね。しかし、実は違うようです。日本では昔から色そのものに意味があるものとしてとらえられていました。白は清めの色でもありますが、日本では元々喪服の色は白だったように、喪の色でもあります。赤には魔除けの意味があり(仏教か神道かの違いで鳥居の色に違いがありますが、朱色の鳥居は魔除けの意味からだ...

着物や浴衣には様々な文様が入っています。それらにはデザインという意味だけでなく、願いを込めて入れられているという事をご存じでしょうか?今回はよく扱われる文様とその意味をご紹介いたします。「桜」⇒日本の代表的存在のこの花には稲の神様が宿っていると信じられていました。そのため、豊作祈願の意味があります。その他にも富貴繁栄の意味もあります。「松」⇒庭に植えるのに縁起の良い木と言われていますね。松の木には...