日本の喪服は白だった!?

日本の喪服は白だった!?

喪服の色は黒。
それが現在の常識ですね。

 

韓国ドラマのヒット作「チャングムの誓い」のお葬式シーンで皆が全身白い衣類になっていて、「へぇ〜、喪服は白なんだ。珍しい〜。」と思っていたら、なんと日本も昔は白だったようなんです!

 

史上では白→黒→白→黒と変化したようで、最初の黒への変化は718年の養老喪葬令というのがきっかけだったようです。

 

ただこれは、勘違いから起きた変化らしいです。

 

養老喪葬令で「天皇は直系二親等以上の喪服には錫紵(しゃくじょ)を着る」となっていたが、これは中国の唐書に「皇帝が喪服として錫衰(しゃくさい)を着る」と載っていて、それを真似して定めた令と考えられる。

 

ここで起きた勘違いというのが、唐では錫は灰汁処理した目の細かい麻布の事で、その色は白だった。

 

しかし、これをなぜか金属のスズと間違って解読してしまい、スズ色(薄墨色)にしてしまった。

 

平安時代に入ると薄墨色の喪服が貴族階級にも広まっていった。

 

そのうちにより、黒い方が悲しみが深いということを表すという事になっていったようです。

 

それでいて、亡くなった人の見分によって着る色が決まっていたため、「悲しいから濃い色の喪服を・・・。」とはいかなかったようですね。

 

まあ、自分の感覚で自由に色を決めていたら、それはそれで問題ありますね。

 

「あの時よりもうちの葬儀では薄い色を着ている。あの時より悲しくないっていうことか!!」・・・なんてことになったら葬式が修羅場と化しちゃいそうです・・・(汗)。

 

話の筋がそれましたが、あくまでその頃喪服が白ではなくなったのは上流階級のみの話で、庶民はずっと白だったのでは?という話です。

 

上流階級では、一度着た喪服は穢れたものとして処分してしまったそうです。

 

しかも、布地を黒く染めるとなると、染め代がかかります。

 

庶民には経済的に無理があるわけですから、それが自然な事でしょうね。

 

時は過ぎ、室町時代に入ると、貴族の力が弱まることになり、白い喪服が復活していきます。

 

結婚式で新婦が着る白無垢は室町時代からの風習ですが、それを着た後、袖を短くして白喪服にされたようです。(しかも自分が死ぬとそれを死に装束として着る)

 

その後しばらく白の時代が続くのですが、明治時代に入ると再び黒の時代に移っていきます。

 

明治は西洋文化が流れ込んできたので、もちろん喪服も影響を受けたわけです。

 

明治天皇が崩御して3ヶ月程で殉死した乃木希典夫婦の葬儀の際、外国の要人たちが黒い喪服ばかり着ているところを目の当たりにしたためか、大正四年、皇室令で宮中参内の喪服指定があり、帯締め、帯揚げ、足袋は白で、それ以外は黒とされた。

 

日露戦争(1904〜1905)の戦死者が多く、そのため喪服を着る事が多くなった。

 

白い喪服では汚れが目立ちやすいので黒の方が扱いやすかったことも黒喪服の定着を手伝う事になったようです。

 

そして現在に至る。

 

ファッション業界では、流行は繰り返すというのがそれぞれの時代を見ても明らかですし、流行とは少し違うかもしれませんが、これから何かしらの形で世の中の事情が変わればまた、白の時代が来るかもしれませんね。

日本の喪服は白だった!?関連ページ

白無垢と赤い打掛の意味
白無垢と赤い打掛の意味説明です。
文様の意味
文様の意味のお話しです。